CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
毎月の取材のエピソードなどを紹介していきます!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぶらり旅 IN 白川町
 くれよん読者のみなさんこんにちわ!

元気まりもり、たぐっちゃんです

今回は、遅れましたが9月号のぶらり旅ですっさんと行った白川町の裏話を書きたいと思います!



取材当日。僕は緊張していました。なぜかって?

それはですねぇ〜僕はぶらり旅デビューだったからです先輩のすっさんにご迷惑をかけないようにと意気込んで外にでたら。。。

雨がザーザーに降ってました。なんていう雨男の僕なんでしょうか。

行きの高速も前が見えないほどのザザ降りで、どうなるもんかなぁーと思っていましたが、

白川町に入って雨も小降りになり、なんとか取材ができそうになりました。

これも晴れ女すっさん先輩のおかげでもあります

そんなこんなでまず初めに訪れたのが、ここ大山白山神社


紙面には載せられませんでしたが、これが本堂です。

この神社は山の上にあって、車で20分間なんか仙人がでそうな山道をひたすらのぼってついたら、

ごらんの通り霧がかかってなにがなんやら・・・

でも、幻想的で紙面に載った大杉は大迫力で、たぐっちゃんは大満足でした。


んでお次は、道の駅美濃白川ふるさと館「ピアチェーレ」に行ってきました。

ピアチェーレとはイタリア語ではじめましてという意味だそうです。

なので、イタリアの方に会ったらピアチェーレと言ってみるのもいいかもしれませんね

館内の中には、白川の特産の白川ハム、まゆ工芸品などづらり!!

お土産は何にしようか迷ってしまうほどです!

下の写真は、白川茶でほっっと一息たぐっちゃんです。




そんでもって最後はクオーレふれあいの里に行ってきました。

ここは東京ドーム3つ分以上のひろい敷地で、取材では全部回ることができなくて残念でした。

その中で紙面にもありましたが、たぐっちゃんはピザをつくっております。

でも実は僕、料理べたです得意な料理はカップラーメンですかね。

がんばって挑戦したのですが、生地をうまくまるく薄くのばすことができず、

チョット先生のお力をお借りしちゃいました

これはさすがにいけないと思い、自分で味噌汁は作りたいなってこのとき思いました。

写真は必死になってピザを作るたぐっちゃんです。




今回は雨だったけど、次行くときは晴れていたらもっと白川町を満喫できたかなぁと思いました。

自然と触れ合えるのっていいなぁとあらためて実感したぶらり旅でした


| - | 21:01 | comments(16) | trackbacks(0) |
ぶらり旅inひるがの♪
 こんにちは!


8月号はもうお手元に届きましたか?
今回のぶらり旅は
おねえさま&みーすけ+特別参加の編集長を加えた3人で
「ひるがの」です!!


取材にお伺いしたときは6月の初旬頃だったのですが・・・
なんとまぁ、暑いこと暑いこと
まだ夏本番を迎えてもいないというのに、まるで真夏のような感覚
思わず倒れそうになるわが身を奮い起こし、汗だくで取材!


ワンちゃんも一緒に楽しめる「和み舎 ひるがの」さん、この日は急遽
お世話になった方のお知り合いのワンちゃんが飛び入り!!
黒い毛並みがナイスですツヤやか〜
思わず一緒にパシャリw



暑い日だったので、水をガブガブ飲んでいました
最初は元気だったのですが
中盤から少々くったりしていました
大丈夫だったのかな


そして記事には載せられませんでしたが
コキアパークの夏模様がコチラ↓


ぶらり旅のページにはスペースの都合上、赤く染まった時しか
載せられませんでしたが
夏の間はこのように一面緑!まだまだ小さいコキアが並びます
雪がかぶっていないスキー場の高台から見下ろす景色は
一味違って味があります



お次は牧歌の里さんへ!


最初に馬たちがいる所へー・・・
と、まず目に飛び込んできたのが優雅に歩くお姿!
キャーっ、となってついつい撮ってしまいました



すごいんですよ、さすが馬上の方も慣れていらっしゃるだけあって
しゃなりしゃなり、と馬の歩を進める姿がすごく自然でした


そして今回、誌面にてご紹介した飛騨牛ハンバーガー、バーベキューの他にも
たくさんおいしい物をいただいてしまいました



飛騨牛コロッケ&ジャージーミルクパンです

この2品・・・ヤバイです
まじウマです
揚げたてサクサク、焼きたてほっこり

どちらもおいしくいただきました
なんでも、ジャージーミルクパンはこの品を買うためだけに訪れる
地元の方も結構みえるのだとか
それだけの価値はあるとみました・・・

なんだか気がつけば
食べてばかりいた気がします、牧歌の里・・・
だってこの後に、掲載されたバーベキューもいただきましたし
でも牧歌の里まで来たら、飛騨牛やらソフトクリームやら
食べないと、うん
ここは食べなきゃ!という勢いで、たくさんたいらげてきました



今頃は夏真っ盛りを迎えて、気温も上昇していることと思いますが
湿気が少ないのでサラリと快適な暑さですよ、きっと

以前から個人的に何度かお世話になっている「ひるがの高原」は
またぜひ、お邪魔したいですね
夏も冬も、通年で魅力たっぷりですよ
| 裏話 | 19:34 | comments(11) | trackbacks(0) |
南知多でぶらり旅
 こんにちは。6月号のくれよんぶらり旅は、

待ちに待った夏…にはまだ少し早いですが、
待ちきれなくて行って来てしまいました、南知多。

みーすけ&すっさんです。



南知多ビーチランドは、誌面でもご紹介したとおり、
アシカ&イルカショーの他、海のいきものたちに触れあって
遊べるのがとても魅力的なところでした。

いろいろと体験をさせてもらったのに、あまりにも書ききれないことが
たくさんあったので、裏話に書いちゃいますね。


ということで・・・

南知多ビーチランドは中部地区一のフンボルトペンギンの
飼育数を誇るということで、取材に伺ったこの日は
ペンギンの赤ちゃんを見せていただきました。
ペンギンラボという施設では、その飼育の様子を
見られるようにもなっているんですよ。


↑これがその赤ちゃん。横にあるのが、この子が生まれてきたタマゴです。
きゃーん、かわいっ と、2人で大興奮。
この日の時点で、116g。生後3カ月ほどで大人のペンギンと同じくらいの
大きさになるそうなので、この記事がみなさんのお手元に届くころには、
見違えるくらい大きくなっているんだろうな〜。



それから、実はセイウチさんにも会ってきました。
大きな水槽の中に優雅に泳ぐ姿を
ガラス越しに間近で見ることができます。
さすが、「距離が近い」のがウリなだけあります

近づいて来てくれたスキに、一緒に写真撮りたーい!とスタンバイ。
カメラをかまえた瞬間、
それまでそっぽソッポ向いていたのにカメラ目線!

・・・空気読める子です というわけでこのようなステキなツーショットを
撮ることができました。


そして、
ひととおり遊んで帰り際、おみやげショップのある建物を歩いていたら
こんなステキな風景を発見! ↓

もしかしてここでショーをしてるのかな?と思いながら、イルカさんの泳ぐ姿や、
ジャンプする様子を水中からながめることができました。


初めて行く方にも、また行きたい方にもオススメな、
素敵ランドなのでした。


また行きたいな〜〜♪



| 裏話 | 19:09 | comments(5) | trackbacks(0) |
ぶらり旅 in 半田
こんにちは
かじです

5月号のぶらり旅は
いっちーと愛知県半田市に行ってきました

取材日の前日、テレビで天気予報を見てみると
曇り時々雨・・・

しかし取材当日
なんとか昼間は持ちそうな感じに
取材が終わるまでもってくれますようにと願いつつ出発です



最初に伺ったのは 博物館「酢の里」さん

かおり風景100選に選ばれたとあって
駐車場に車を止めて降りると、かすかに酢の香りが
館内に入る前からいい雰囲気です



ドキドキしつつ正面入り口に回ると
目の前にはミツカンの倉と運河が
とても素敵な風景でした


館内はガイドさんか一緒に回って頂けるので
より詳しく、そして楽しく回れました





次に伺ったのは 半田空の科学館さん

いっちーも私も久しぶりのプラネタリウムに感動
いつ見てもプラネタリウムはいいですね
興奮冷めぬまま展示室の取材に



展示室では遊びながら宇宙や科学のことを学べるものがいっぱい
仕事なのを忘れて遊んでしまいました






最後に伺ったのが 紅茶専門館 T's CAFEさん

お店に入る前から歴史感じる外観に圧倒されつつ館内へ



そして館内に入るとスコーンのいい香りが
室内はアールヌーヴォー様式にクラッシック音楽が流れ
タイムスリップしたかのような気分に
またゆっくりとお伺いしたいです


そろそろ一宮に帰ろうとした時
フロントガラスにポツポツと雨が
なんとか1日もってくれました
大満足な半田の旅でした

| 裏話 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぶらり旅 in 大須
 こんにちは

今回のぶらり旅は、私「宮ねぇ」&「たんたん」のペアで大須へ行ってきました。

行き先をどこにするか考えようと思ったら、たんたんが「大須へ行きたい!」と。
私も即OK。

何度も行ったことがある大須ですが、何度行っても楽しい
お店もいっぱいあるからどこを紹介しようか悩んでしまいました。

そこで、いつもは事前にアポを取って取材に行くのですが、
今回はアポを取ったところ半分と、突撃取材半分という、
新しい試みにチャレンジすることにしました




まず初めに行ったのが「大須スケートリンク」。

オリンピック開催期間中で、真央ちゃんで日本中が大騒ぎの時期。
スケート場にも、未来の真央ちゃん候補のちびっこが何組か親子で練習していました。

そんな中、小学生以来のスケートでへっぴり腰の私。
何とかつかまらなくても滑れるようになったころ、
たんたんから「足上げて〜」というありえないリクエストが!!。

がんばってリクエストに応えたのがコレ


まったく上がってません…
でもこれ以上は無理なんです。転んでしまうんです。これで精一杯なんです。


こうしてスケートを楽しんだ(?)後、
大須を散策していたらステキな雑貨屋さんを発見

突撃取材決定で、お店に交渉。

すると快く取材を引き受けてくれました。
とても雑貨が大好きなステキなおばあちゃんがオーナーさんで
おばあちゃんはマスコットなどをつくるのも大好きだそう。

お買い物してくれたお客様にプレゼントしているのですが
このときも店頭でつくっていました。



これは作りかけの7星てんとう虫なんですが、
てんとう虫は幸せを呼ぶんですって。

かわいいから売ってほしいというお客様のいるそうなんですが
「幸せは売ってはいけないから売らない」んですって!

「なるほど〜」と思いました。
ぜひ皆様、お買い物して幸せのてんとう虫をGETしてください



さて続きましては「李さんの台湾名物屋台」へ。

プライベートでも何度か食べたことあったのですが、
やっぱりこの日も美味しかったー

取材した後、食べさせて頂いたのですが
空腹だった私たちはペロリとたいらげちゃいました
お店の人の「持ち帰りにもできますので…」という声をよそに

そしてお店の方からいいことを教えてもらいました。

読者の方の中で、タピオカドリンクを飲んだ時に
最後にタピオカがたくさん残ってしまったという経験をされた方いると思うんです。
私もその1人。

そんなことにならないよう飲むコツを教えてもらいました!

まず半分くらいまでは普通に飲みます。
 その後、カップを手前に傾けてタピオカを隅に集めます。
 そうするとタピオカがたくさんストローに入ってきて
 残ることが少なくなるんですって。
 1粒残さずとまではいきませんが…

私とたんたんも早速実践してみたのですが、
いつもよりたくさんのタピオカを食べられました

みなさんもぜひ試してみてね。



次に伺ったのが、今はやりのスチームフード専門店である「ぶりこ」。

かぼちゃのチーズフォンデュはかぼちゃまで丸ごと食べることができ
こんなになるまで食べちゃいました。


ハンバーグとかぼちゃのチーズフォンデュの2品取材したのですが、
ここでも食いしん坊の私たちはペロリ
おいしくいただきました。

でもさすがにお腹はパンパンに!




そして最後にどうしても服屋さんを取材したくて、
でもかわいいお店がいっぱいあって迷っていたんです。

このご時世、安くてかわいいのがいいに決まってるってことで
ぴったりなお店を発見

こちらのお店も突撃取材をしました。
「BLUE OCEAN」というカジュアルフェミニンのお店。

店長さんが若くて可愛くて、私たちの突然の取材依頼を快く引き受けてくれた
とてもやさしい人でした

かわいい服がたくさんあって、どれも安くて、
いっぱい買い物しちゃいたい気分に。

たんたんは本当に靴を購入してました。
ぶらり旅のページに、その靴の写真が載ってるので見てみてね。



た〜っぷり大須を楽しんだ私たちは、
仕事のはずなのに、まるでプライベートで大須に遊びに来たような気分に。

楽しかったね〜なんて語りながら、会社へ帰っていきました。



みんさんも大須へ是非どうぞ
| 裏話 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
西尾のぶらり旅
こんにちは

5号改め すっさん と名乗らせていただくことになりました。


さて3月号のぶらり旅は西尾へ

今回は みーすけ さんと行ってきたのですが、

くれよんスタッフの中では大人チームのこの2人、

行く場所も渋チョイス

なんせのんびり、ゆったりがテーマという・・・(笑)


西尾市は、三河の小京都といわれ、お抹茶の生産で有名。というわけで、

町には「お茶」をイメージさせるものがたくさんありました。



街角にある小さな公園の手洗い場?水飲み場? のところ、

お抹茶を立てるシャカシャカになってるのわかります?





ポストもお抹茶色(笑)





そして、古い街並みもチラホラと・・・こういうの好きな2人なんです。

とくに私。




いやぁ、しかし楽しかったのです


最初に訪れた三河工芸ガラス美術館では、ステンドグラスを使って

ウォールランプを作ったんですが、はんだを使う ↓ のが楽しくて!



中学校の「技術」の授業を思い出しました。


スタッフの方が丁寧に1工程ずつお手本を見せてくださったので、

とくに大きな失敗も火傷もなくできましたよ


最初にやたらと時間をかけて(すいません)、組み合わせるガラスの色と形を決めたので、

とても納得のいく作品が出来上がり、大満足


出来上がったランプは、今、我が家の玄関のコンセントにささってます



そしてこちらの目玉といえば、そう、巨大万華鏡「スフィア」 ↓ です!



大きい万華鏡といってイメージしていたものは、

見上げたり、のぞいたりして見るものだったんです。

が、これは全く想像の領域を超えてました

まさか自分が万華鏡の中に入れるとは・・・

この感動は、実際入ってみていただくのが一番いいんじゃないかなぁ。


万華鏡の装置は小さな部屋になって、中の通路を進むという形式。

背の高い人は少々天井が低く感じるかもしれませんね。

でも私が個人的意見として思うに、この大きさだからこそ、この感動あり!です

三河方面に行ったらぜひとも立ち寄って欲しい!そのくらいおすすめ!


もちろん他にも、さまざまな趣向を凝らしたガラスのアート作品たちが並べられていて、

見て回りながら「いいわ〜」「癒されるわ〜」を連発する2人なのでした。





そして歴史公園近くの伝想茶屋さんへ。

おいしいお豆腐料理を堪能させていただきました。



お豆腐、ホントにおいしかった〜  

味が濃いっていうんでしょうか。

みーすけさんは「おダシがなくてもおいしい!」といって、おぼろ豆腐が

かなりお気に入りの様子でした。

私も田楽大好きなので、ペロリといただいちゃいました。

(上の写真から一目瞭然ですね


いただいた御膳はボリューム満点で、おなかいっぱい食べて苦しいくらいでしたけど、

お豆腐だからヘルシーだし。女性には特におススメです。


季節限定メニューや、月替わりのランチメニューもあるので、

季節の味を楽しんでみてくださいね。




さて、「西尾に来たらやっぱりお抹茶飲みたいじゃない」というわけで、

誰でも気軽にお抹茶をいただけるところを発見しました。

それは歴史公園内の旧近衛邸というところ。

京都の近衛家の邸宅を移築したという、由緒ある建物とお庭なんですが、

なんでも喫茶店のモーニングのように、地元の方は朝のお散歩ついでにやってこられたり、

ママ友同士でおしゃべりにきたりという、とてもアットホームな雰囲気で

お茶を楽しむことができるとか。


しかしお座敷から眺めるお庭は、とても風情があり、

晴れの日も雨の日も、春夏秋冬の趣を感じることができるそう。





この日は運よく天気もよかったので、縁側でのんびりさせていただきました。

みーすけさん、すっかりオフモード?

このほっこりした感じ、ちょっと日常を離れて 「んぼ〜」っとするにはもってこいですよ。

癒されますよ (しつこい??)




そんなこんなでとにかく癒されまくって帰ってきた2人なのでした。(まだ言う??)

| 裏話 | 15:26 | comments(1) | trackbacks(1) |
ぶらり旅IN伊勢志摩

 オラー(・∀・)ノ16号です

今回9月号は8号と16号で伊勢志摩に行ってきましたー(゜∀゜)!!

伊勢志摩と言ったら・・・・


15周年のパルケエスパーニャです





私16号は実はパルケエスパーニャが大好きなのです\(^o^)/
今回のぶらり旅でパルケエスパーニャに行きたい!という熱い思いで実現しました(^ω^)



さて今回の旅のテーマは「おもしろ体験で心に残る思いでを」ということで
パレード「エスパーニャカーニバル」に参加しちゃいましたー
ちなみに私たちが乗ったフロートはこーんな感じです。

隣に面白い動くぶどうさんがいたり、
綺麗なダンサーさん達と一緒にダンスしたり楽しかったです(^ω^)
フロートに乗って他のゲストの方々に手を振ったりととっても貴重な体験をしました。

そしてついに伊勢志摩の人気者たちとご対面〜〜




ピエロザサーカスのダルちゃんとチョッキー、15th衣装のフリオとトロヴァール
と一緒に写真を撮ることができました。
パルケのキャラクターはすごく面白くってかわいかったですvv
特に!ダルちゃんの可愛いさが尋常じゃなかったですよ!可愛いすぎるんです。彼女。
次行った時はドンキー、サンチョ、アレハンドロとも写真撮りたいです〜〜〜><*

1日パルケエスパーニャの魅力にいっぱい触れることができましたv

一日お世話になりましたパルケエスパーニャ広報・石井さん、
ありがとうございました
お会いしたキャストさん方もすごく優しくとても心温まる一日を過ごせました。
本当に素敵なテーマパークです

パルケエスパーニャさんに伺った後、
伊勢志摩 道の駅さんへ。


この真珠の塩が入った塩バニラソフトクリームを頂けます。
なんだか見るだけでもミネラル豊富でリッチな気分になれちゃいそうです



他にも誌面では紹介しきれなかった素敵なところがいっぱいの伊勢志摩!
是非皆さんもぶらり旅してみてはいかがですか

| 裏話 | 13:21 | comments(1) | trackbacks(30) |
郡上ぶらり旅
こんにちは〜5号です。

8月号のぶらり旅は、夏の癒しを求めて郡上八幡へ。

水の町といわれる郡上八幡。町の中を流れる吉田川をはじめ、

そこかしこにある水路の水がきれいで・・・

木々の緑と水の流れにそってキラキラ光る水面と、せせらぎの音・・・


ほんっとに気持ちよかったです。 オススメです



そして、水の町・郡上八幡は、食品サンプルの町でもあります。

全国でも有数の出荷数を誇るそうですよ。


あまりに有名な食品サンプル作り、それはぜひ体験してみたいじゃない と


今回おじゃました 旭サンプル工房 さん。
(お休みの日だったにもかかわらず、体験をさせて下さいました。本当にありがとうございます!)

本誌では5号がフルーツフラッペのサンプルを作りましたが、

何よりこの体験を楽しみにしていた15号も、フルーツパフェに挑戦しました。


→工程はコチラ。
                            

.侫襦璽弔妨立てたキューブをグラス半分まで入れ、▲轡蹈奪廚鬚劼燭劼
になるくらいまで流し込んだら、クリームをグラスのふちに沿うように1周回します。

このゼリー、お子さんが過って飲み込んでしまっても平気なように、

本物のゼラチンを溶かしたものなんですって。(時間が経てば固まります)

ちなみにクリームは、なんとタイルの目地を埋める接着剤だそうです。

意外なものが使われてるんですねぇ。

                                    

ぃ院腺海鬚發Π貪抃り返します。ゥ轡螢灰鵑任任た山型土台をのせ、
Δ討辰擇麌分のベースを作ります。あとはフルーツを乗せるだけなので、
ココ、結構重要です。べースが見えないように、しっかり重なるように・・・。


15号「キャー、最後どうしよう!メチャメチャ難しい!!」

とかいいながら、とてもきれいに仕上げていました。



最後に、フルーツ(これもサンプルです。本物そっくり!)を
              好きなように飾りつけて・・・
               


完成〜!! どうですか?おいしそう??


以前はたこ焼きのサンプルを作ったことがあるという15号、作品第2号の完成です。



みなさんも郡上に行かれた際はぜひチャレンジしてみてください。
工房によって作れるモノも違うので、いろいろ楽しいですよね。

あ、ご予約はお忘れなく〜




さて
郡上八幡城では、「日本一」に出会いました。
何が日本一がというと・・・・・・・・

これ ↓↓


わかります?「日本一」です。


時の郡上八幡城主の東京の御用邸に生えていた松の木に雷が落ちて、幹が割れると、この文字が
刻まれていたんですって・・・(笑)


その事実を伝える文書も残っているそうです。


こんなにはっきりくっきり読めるものとは・・・

みなさんにも是非見ていただきたいです。



そして久しぶりにこんなものにも挑戦してしまいました(笑)

この2人、結構楽しんでマス。



そしてなんと!取材中、お城のふもとにある旧庁舎記念館で、
偶然にも職場体験に来ていた尾西一中の子達に遭遇!
思わず記念撮影しちゃいました

校長先生がシャッターを押してくださいました。ありがとうございます。
みんな、楽しい職場体験ができたかな??




| 裏話 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(8) |
伊賀ってスゴイ!
 13号です。

今更ながら、取材の裏話をつらつら綴らせていただこうかと思います


7月号の旅なのですが・・・

本当に遅れてしまって大変申し訳ございません。



今回は私の初!ぶらり旅となりました


前々から三重県伊賀市に行ってみたかった私個人の意見を
快く受け入れてくれた13号。

感謝感謝です



さてさて、まずは「伊賀の里モクモク手づくりファーム」

園内にお邪魔しまして、まずは手づくり体験。

それから係りの方に園内の他施設などをご案内いただきました。

と、通りがかりの広場に・・・



た・・・竹馬やーーーん!!!

めっちゃ懐かしいじゃないですか!

た、楽しそう〜

思わず手を出したくなってしまいました。

でも実は竹馬未体験


そしてなんと、こんな物が↓


小さくて見にくいかと思いますが、こちら「ミニブタ」さん達一匹ずつの
名前と写真が!!

か、かわいい〜

あとココロ惹かれたのがこちらです↓



足湯でございますよー

疲れた体にはたまりませんねー

なんだか取材を忘れてひたすら個人的に楽しみたい所でした。

ぜひ別の機会に訪れたいです!!


次に上野公園へ・・・




緑って不思議ですよね。

すごい落ち着きます。

中でも一番お気に入りだったのが上の写真下。

わかりますかね

紅葉・・・まだ緑色なんですが。

下から真上を見上げた時のワンショット。

この時は時間が経つのを忘れてずっとここにいたくなりました。

紅葉シーズンはもっともっと綺麗なのかなー、なんて思いながら。

でも、この時期も綺麗なんですよね。

紅葉に限らず木の葉の隙間から青空や光が見える・・・

このような景色は大好きなんです。

癒されます



山に囲まれているだけあって、やっぱり緑がたくさんあって。

こんなに楽しめて、たくさん自然を満喫できる伊賀。

絶対プライベートで楽しみに行くぞ!と意気込んだ13号でした。
| 裏話 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(3) |
ぶらり旅 足助町
 9号です。
今回は9号&12号で、豊田市足助町へぶらり旅に行ってきました

紅葉で有名な香嵐渓のすぐ近くだったのですが、渋滞が嫌いな私は香嵐渓へ紅葉狩りに行ったことがなかったので、初めての地。

方向音痴な9号&12号は迷わない様に下調べ。

ちゃんと地図をコピーして行ったのにぃ〜〜〜

地図が古かったのか、途中、地図にない道やトンネルが…

パニックですよ

道の途中で車を停めて、2人で会議。

そして、結局Uターン

何とか「蔵の中ギャラリー」へ着きました。


迷うことを想定して早く出発した私たちは、

迷ったにもかかわらず、アポの時間よりも早く到着。

町をちょっと散策してみました。





こちらの写真に写っている建物、実は郵便局なんです。

足助の古い町並みは、こんな白壁がステキな建物が並んでいます。

和菓子屋さんなどのお店も、民家も、町並みを守っているのか

懐かしい雰囲気が漂う場所でした。


そしてギャラリー到着


黒板と白壁のコントラストがとてもステキなマンリン小路沿いにあり、

外観をみてまず感動

そして、書店→サロン→ギャラリー→茶室、と

40mも奥行きがある店内を進んで行く度、2人で「いいね〜」の連発

内小路にはイタリア製のモザイクタイルが使ってあったり、

展示してあるものも手作りのもが多く、

とてもゆったり出来る空間でした。

今度はプライベートでゆっくり来たいと思いました。



そして次に行ったのが「三州足助屋敷」。

駐車場から屋敷まで、歩いて10分ほどかかります。

行く前は「何で近くに駐車場がないの?」と思っていましたが、

その道はもみじのトンネルを歩いていく様で、気持ちがいい!景色がいい!



これは歩くべきです!

景色を楽しみながら屋敷へ到着し、中へ入ると

「かえでちゃん」がお迎えしてくれます。



この屋敷内で飼われている牛で、

かえでちゃんを気に入った12号は一緒に記念撮影

どうやら先祖代々飼われているらしく、家系図までありました。


足助屋敷はむかしの手仕事をいっぱい見ることが出来ます。

篭屋、鍛冶屋、紺屋、紙漉き、炭焼き、機織り、桶屋、傘屋、などなど、

今ではなかなか見られませんよね。とてもいいなと思いました。

そんな中、2人が一番盛り上がったのが「萬々館」。

昭和の町が再現してあり、いろんなものを見ては大騒ぎ







私たちも昭和の町に溶け込んでみました。

私たちが生まれる前の生活であるのに、とても懐かしさを感じます。

今回の旅は、古き良きものにたくさん触れることができた旅でした。




| 裏話 | 11:28 | comments(1) | trackbacks(2) |